夜のオムツ外しが出来る条件とは?

2 min 58 views
ブログ記事のアイキャッチ画像

1番の始めの子供(私の場合は長男)の時は、昼のオムツ外しはスムーズに成功しましたが、当時は夜のオムツ外しのタイミングがよくわからなかったです。

夜のおむつトレーニングは、朝までおしっこをしないことが多くなった頃から始めます。

一般的に「10日間ほど朝までオムツが濡れなかったらチャレンジ」と言われています。

それでは、夜のオムツ外しについて書いていきたいと思います。

夜のオムツ外しのタイミングには個人差がある

夜のオムツがいらなくなる目安は、早い子で2歳後半から3〜4歳頃と聞いていました。

焦って早めに初めてしまい、たまに世界地図のような大きなおねしょをしてしまったこともありました。

準備が不十分で布団におしっこが漏れてしまい、叱ってしまったりしてしまいお互いに悲しくて辛かった思い出があります。

今思えば、色々と準備や工夫をしてあげてからスタートすれば良かったと後悔しています。

布団は一度おねしょをしてしまうと匂いが消えにくいので、防水シーツは必須アイテムです。

こちらのシーツはズレないのでおすすめです。

created by Rinker
アイリスプラザ(IRIS PLAZA)
¥2,080 (2021/09/18 19:29:27時点 Amazon調べ-詳細)

天気の悪い日はシーツがなかなか乾かないので、使い捨てタイプの物をストックしておきます。

おねしょをしてしまってもモヤモヤせずに気が楽になりますよ(^^)

created by Rinker
浅井商事
¥1,250 (2021/09/18 13:49:06時点 Amazon調べ-詳細)

防水パンツとのダブル使いで布団を汚さずにすみますし、寝相が悪いと防水シーツ以外の所に漏らしてしまう事があるので、パンツが吸収してくれるので布団にそのまま漏らさずにすみます!

女子はかわいいパンツだとやる気がアップするみたいです!

夜のオムツ外しで親が準備やサポートしてあげれる事

夜のオムツ外しで親が準備やサポートしてあげれる事はたくさんあります。

自分なりの対策方法を見つけて少しでも子供との成功体験を共有しましょう!

防水シーツと防水パンツで布団の漏れ予防

布団が濡れるのが嫌なので防水シーツと防水パンツのダブル使いで布団に漏れ予防するのが重要です。

値段が結構お高いので、長男の時は手作りのラップスカートを作って使ったけど、防水ではないので、おしっこが沢山の時は漏れてしまいました。

お金がかかりますが、布団に漏らしてしまうと匂いやしみがついてしまうし、後処理が大変でストレスになるので買った方が断然いいと思います。

生活の工夫で出来ること

  1. 夜寝る前にトイレに行って膀胱を空にする。
  2. 夕食は早めに済ませる。
  3. お腹が冷えないように腹巻きをする。
  4. 失敗しても怒らない・叱らない

就寝時間の3時間以上前に夕食を済ませるようにして、朝方におもらしをしてしまうことが多かったので、早寝早起きをするようになりました。

失敗ばかりの時に怒ってしまっても逆効果になり、なかなか夜のオムツ外しは上手くいきませんでした。

できるようになった事や、褒めてあげれることをたくさん見つけて大げさなくらいに褒めてあげたほうが子供の自信を育めてやる気がアップします。

睡眠中は起こしてトイレに行かないほうがよい

夜中に起こしてトイレに行くと、睡眠のリズムが崩れてしまい、夜間の睡眠が浅くなってしまいます。

便秘にならないように工夫する

溜まった便が膀胱を圧迫しておねしょにつながることもありますので、便秘にならないようにフルーツを食べさせたり水分を取るようにしていました。

まとめ

やっぱり親としては、子供には沢山の成功体験をさせてあげたいですよね(^^)

体の成長にともなって自然におねしょもしなくなりますので、うちの子達はおもらしをしてしまう時には無理せずにおむつでした。

焦らずに、余裕を持って長い目で見ていけば、そのうち夜のオムツからも卒業できるようになりますので気長に待ってあげましょう(^^)

まま@ブロガー

まま@ブロガー

超苦労しつつ4人の子供を育てているママブログです。

子供の成長を綴りつつ、子育ての苦労と工夫してきたことを書いていきます。

いろいろ大変だけれどブログ更新を頑張ります。

SNS運用とか分からないのですが、このブログを紹介してもらえるととても嬉しいです。

プロフィールはこちら

FOLLOW

カテゴリー:
\お試し期間付き^ ^/
関連記事